新・精神科専門医制度について新しい情報です

急に秋らしくなってきました。埼玉県日高市の巾着田(きんちゃくだ)では、そろそろ彼岸花(=曼珠沙華)が見頃を迎えます。写真のような景色を楽しむことができます。

毎年、お彼岸の時期に必ず開花するというのも不思議なものです。

今回は、新しい精神科専門医制度について動きがありましたのでご連絡します。

新しい精神科専門医制度について、各研修施設群の具体的なプログラムが、日本精神神経学会のウェブサイト上に掲載されました。

https://www.jspn.or.jp/modules/program/

また、当院のウェブサイトでも内容の詳細を見ることができます(当院ではシニアレジデントと呼んでいます)。

http://www.saitama-med.ac.jp/resident/kawagoe/index.html

どうぞ確認ください。

当研修プログラムの募集定員は3名です。

早めに応募ください。

履歴書を当院当科の安田医局長宛に送付して、面接の申込みをしてください。

まだ施設見学をしていない方は、見学希望のご連絡も歓迎です。

どうぞよろしくお願いいたします。

新・精神科専門医制度による専門研修の募集を開始します

暑い日が続いています。初期研修医の皆様も研修に励んでいることと思います。

精神科専門医制度の選考日程案がきまりましたのでお知らせします。

・一次募集:2017年10月1日~11月中旬

(採用試験:2017年11月中旬~2017年12月中旬)

・二次募集:2017年12月中旬~2018年1月末

となります。

全国一斉に同じ日程で行われます。当院の定員は、各年次3名となっています。

詳細がわかれば、このブログでお知らせいたします。

問い合わせは、「お問い合わせ」画面から入力いただくか、電話でおねがいたし

ます。

日本精神神経学会学術総会がありました

今年の日本精神神経学会学術総会は名古屋で開催され、当科のスタッフや研修医も数名が参加してきました。
口演やポスター発表は様々な分野から行われ、教育的なプログラムも多彩にあり、現在の精神医学界の動向がわかる学術集会ではないかと思います。
また、当科から2名がシンポジストとして登壇し、それぞれ専門分野での情報発信、情報交換を行なってきました。

 

第113回日本精神神経学会学術総会 2017-6-22~24

新年度を迎えて

メンタルクリニックでは今春から3名の新人を迎えることができました。2018年度から新しい専門医制度が始まる予定です。順調にいけば、当院のメンタルクリニックは、2017年7月1日から8月31日までが募集期間になります。
東京は桜の開花宣言が出たようですが、伊佐沼の桜はまだ少しかかりそうです。
花が咲くと、伊佐沼の両岸とも桜並木がありますので、見応えのある風景になります。

発達障害講演会

2月17日当院にて発達障害講演会が開催されました。
まず最初に特別講演として、東海大学の松本英夫教授に「発達障害における成人期ADHD:診断と治療をめぐって」というテーマでご講演いただきました。
発達障害の臨床について明瞭に解説していただき、知識が整理され、たいへん勉強になりました。
その後、当科の棚橋先生、小児科の高田先生から発達障害の症例提示があり、ディスカッションが行われました。松本先生の講演内容をふまえたうえで症例を検討することができ、理解もより深まりました。

あけましておめでとうございます。

ファイル 2017-01-11 1 47 49

2017年はじめての投稿となります。
どうぞ今年もよろしくお願い致します。
昨年中はこちらのページに来訪下さりありがとうございました。
そのお礼にというわけではありませんが、今日は、認知行動療法的な観点からの生活上の工夫をお伝えできたらと思いました。
 
新しい年にあたり、目標や抱負を改めて考えた方も多いのではないでしょうか。
そうした目標や抱負が実現に導くカンタンな工夫です。
それは、「毎日必ず目にできるようにすること」です。
 
目標を紙に書いて、毎日必ず目に触れるところに、置いたり貼ったりしてみてください。
携帯の待ち受け、お財布の中に忍ばせる、帰宅したら外す腕時計の置き場所、でも、毎日することの近くならどこでもいいです。
ちなみに、私は玄関に貼っています。
毎日出かける前に目にして、つぶやくのもよいですね。
毎日ながめて、気づくと、気をつけて、少しずつ行動が変化し、実現に近づきます。
 
また、写真のように、季節感のある紙にすると、季節が変わったときに書き換える(見直す)きっかけがやってくるのでおすすめです。
みなさまの目標や抱負が実現に近づきますように。

平成29年度のメンタルクリニック医師募集、締め切りが近づきました

川越もすっかり秋めいてきました。当院メンタルクリニックでの勤務を考えている医師の方へお知らせです。
11月末で来年度の募集をいったん締め切ります。その後も、空きがあれば募集は続きますが、検討中の方は、早めにご連絡ください。
(写真は川越氷川神社です。縁結びの神社として有名です。)
16-11-21-%e6%b0%b7%e5%b7%9d%e7%a5%9e%e7%a4%be2-3

国際学会に参加しました

9月26日〜28日、オーストラリアのメルボルンで、周産期のメンタルヘルスに関する国際学会(The Marcé Society for Perinatal Mental Health)が開催され、当科もポスター発表を行いました。ちょうど同学会の日本支部の立ち上げと重なり、日本からの参加者も多く、比較的リラックスして過ごすことができました。
メルボルンの街も、なにか落ち着く雰囲気があって良かったです。ちなみの次回の開催地はインドのバンガロールだそうです。

yausda1

yasuda2

川越クリニカル・カンファレンス

9月15日に川越市医師会、埼玉県医師会などが主催する「第95回川越クリニカル・カンファレンス」ががありました。今回は吉益教授が児童虐待と精神障害について講演し、その後で安田医局長が当メンタルクリニックの診療科紹介を行いました。
医師会に所属する先生方が多く出席され、講演の後には「児童虐待は昔に比べて増加しているのか、変わらないのか」といった話題で盛りあがったりしていました。

%e5%90%89%e7%9b%8a%e5%85%88%e7%94%9f%e3%80%80%e5%b7%9d%e8%b6%8a%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9

周産期メンタルヘルスの本が出版されました

当医局の安田先生が分担執筆で参加しています。よかったら、手にとってみてください。
周産期のメンタルヘルスの様々な問題に、どのように対処していくのかを対話形式で紹介しています。周産期メンタルケアが、産科医、助産師、小児科医、精神科医、臨床心理士など、多領域多職種の協力によって成り立っていることが、よくわかる一冊です。

http://www.nanzando.com/books/38061.php(南山堂のサイト)

blog

▲ ページトップへ